LOG IN

ROTTENGRAFFTY「So...Start TOUR 2016」

by 7_nana

10月24日、なんばHatchで行われたROTTENGRAFFTYの「So...Start TOUR 2016」に行ってきた。京都の女性限定ライブのチケットが取れず、今回は行くのをやめようと思ったが、直前になってどうしても行きたくなり、チケットを取った。

ワンマンはKBSホールで行われた「Live Is Beautiful Tour 2015-2016」に続き2度目。平日の月曜日だったがフロアは人でいっぱいになっていた。ツアータイトルの新曲「So...Start」に始まり、新旧織り交ぜた曲が続く。特に「響く都」→「D.A.N.C.E.」→「This World」→「零戦SOUNDSYSTEM」の流れはもう、たまらなかった。

更に「今夜はブギー・バック」を生で聴けたことが嬉しかった。この曲はもともとオムニバスアルバム「My Tunes supported by SPACE SHOWER TV」に入っていたもので、他の楽曲とは毛色の違う、ゆったりとした演奏にボーカル二人の低音が響く。原曲よりも色気があって私は好きだ。

NOBUYAが何度も「ありがとう」と言っていたのが印象的だった。バンドとオーディエンスは互いに夢を見せ合っているのかなと思う。

私がROTTENGRAFFTYを知ったのはわりと最近だ。確か2013年の京都大作戦で初めてライブを観たと思う。年も4つしか離れていないし、同じ京都に住みながら、なんでもっと早く知ることができなかったんだろうと思った。「響く都」「古都のドブネズミ」というキャッチコピーも好きだ。

曲によっては、THE MAD CAPSULE MARKETSの初期の頃に雰囲気が似てるなと思っていた。何かのインタビュー記事でボーカルのN∀OKIがMADのファンだと言っていたのを読んで、合点がいった。

むかし自分が好きだったものと、いま自分が好きなものが実は繋がっていた、ということが最近たまにある。それだけ年齢を重ねたということでもあるし、自分のアンテナの感度が変わってないということでもある。何だか不思議な感覚だ。


7_nana
OTHER SNAPS