LOG IN

狸谷山不動院に行ってきた

by 7_nana
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINE it!

11月28日、両親と交通安全・厄除け祈願で有名な狸谷山不動院に行ってきた。駐車場に車を停めて歩き始めるとすぐ、おびただしい数の狸が出迎えてくれる。

右側に写っているのはタイガースの石碑だ。ちょっと全体的に居酒屋っぽい。

平安時代、桓武天皇が都の北東に位置するこの場所に鬼門封じとして、不動尊を安置したのが始まりという。江戸時代、宮本武蔵が吉岡一門との決闘を前に、滝行を修したといわれる。享保3年(1718年)、木食正禅によって創建された。
狸谷山不動院 - Wikipedia

ここは歴史ある修験道の寺院である。気を取り直して、250段の階段を上がっていく。

伏見稲荷感が凄い。これは白龍弁財天というらしい。

駐車場までの道のりはかなりの急勾配だったが、階段もそこそこしんどいタイプ。しかし、本堂まで辿り着くと、このように素晴らしい景色を見ることができる。

清水寺感が凄い。

結界らしきものが気になる。何を焼いたのかも気になる。

ここで宮本武蔵が滝行したらしいが当時とは大きく変わっているのだろう。水、チョロチョロとしか出てないもの。大泉洋の声で「これかい?!」って聞こえた。

この結界は京に流れてくる鬼を全て吸い込んでいる。と、想像してみる。

街なかの寺院とは異なり、山深い場所にある寺院には野性味(?)を感じる。ここ以外だと、高野山がそうだ。修業の場としての歴史と自然が生み出す美しさに、力強い印象を受けるからだろう。もちろん街なかの寺院も、歴史と美意識が詰まっていて大好きだ。

昼食は父のリクエストで高安のラーメンを食べることになった。数年前、両親の間でラーメンデートブームがあり、そのせいで私より市内のラーメン店に詳しい。私は久しぶりに来た。

さすが人気店。少し並んだが、そのぶんお腹が空いて、より美味しくいただけた。

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINE it!

7_nana
OTHER SNAPS