LOG IN

【京都駅・河原町】寺社仏閣だけじゃない、京都の観光スポット

by 7_nana

Twitterで「前略、いっておいでよ - g.o.a.t」のかなえなかサンから『あまり寺社仏閣に興味がない場合に一日京都観光するにはどこがいいか知りたいです』とのリプライをいただいた。

そこで今回は、「私が寺社仏閣に興味がない友人を案内してきた場所」をまとめてみる。京都にお住まいの方にはありきたりな場所も多くあるので、そっとブラウザのタブを閉じていただければ。

選考基準は2つ。

  1. 寺社仏閣以外
  2. 予約しなくても入れる

京都駅周辺

世界一高い「無鉄骨建築」京都タワー

まずは京都タワーの展望台で市内を一望。駅ビルの屋上からでも見られるけど、タワー展望台の方が遥かに眺めが良い。日中は混み合うので、朝か夕方以降に行くのがベスト。

東京タワーにスカイツリー、通天閣やあべのハルカスから見える景色がそれぞれ異なるように、京都タワーから眺める景色もまた素晴らしい。建物の高さ制限があるおかげで四方が山に囲まれていること、通りが碁盤の目になっていることがよく分かる。ビルの合間にお寺や住宅の瓦屋根がたくさん見られるのも特徴的。

私は東京に5年くらい住んでいたが、街なかの緑は東京の方が多いように思う。並木道とか。大都会であるがゆえ大事にされてきたんだろうなと。京都の場合はすぐ山に行けるので、街なかの緑あるところはだいたいお寺か公園。

何気に便利な大浴場

京都タワーの地下3階には大浴場がある。大人は平日750円・土日祝890円と銭湯としては若干割高だが、営業時間が7:00~22:00(最終入場21:30)と長めなので、夜行バスで早朝に到着したあとや、1日観光したあと新幹線に乗る前にサッパリできて便利。目の前が駅なので安心感がハンパない。

商業ゾーンは2017年4月14日リニューアルオープン

いま地下1階・地上1階・2階の商業ゾーンは閉鎖中。2017年4月14日に「京都タワーサンド」としてフード・お土産・体験が楽しめる施設に生まれ変わる。

京都タワーのオフィシャルサイトには展望台や大浴場にお得に入れるクーポン券があるのでチェックされたし。

京都駅周辺で食事するなら老舗ラーメン店

京都駅に隣接しているセレマビル裏の小路をまっすぐ東へ歩いていくと、2軒のラーメン店が見えてくる。それが新福菜館第一旭。どちらも少ないメニューで勝負し続けている老舗だ。

新福菜館の営業時間は7:30~22:00まで、第一旭はなんと5:00~翌2:00まで営業しており、休日の早朝に第一旭へ行くと〆のラーメンを楽しむ人々で混雑していることも。

どちらも醤油ベースだが新福菜館のスープは黒く、第一旭は半透明。食べてみると新福菜館はあっさりとした中華そばで、第一旭の方がラーメンらしいラーメンだと個人的には感じている。

私は同行者が女性なら新福菜館、男性なら第一旭に案内することが多い。

河原町周辺

京都の街なか・風情が楽しめるお散歩コース

歩きながら京都の様々な風景を楽しむなら、定番だが河原町・祇園エリアを歩くと効率が良い。交通の便がよく、ショップや飲食店が沢山あるので困ることが少ない。

道順

阪急河原町駅→フランソア喫茶室→団栗橋→祇園甲部歌舞練場→旅館東山ホテル→帆布カバン 喜一澤→辰巳大明神→カカオマーケット バイ マリベル→四条大橋→先斗町南詰→スターバックスコーヒー 京都三条大橋店→京都文化博物館→大丸京都店→錦天満宮→よーじや 本店→阪急河原町駅

このルートで歩くと京都らしい小路を通ることになり、朝・昼・晩、いつでも楽しめると思う。常に混雑している四条通、河原町通は極力避けていける。

Googleマップでマイマップを作成したので、興味のある方はお使いください。

道中に立ち寄れるお薦めスポット

※少しルートから逸れる場所も含む
※古い写真も含まれているので注意

フランソア喫茶室

フランソア喫茶室は昭和9年創業の老舗。京都には文化人や芸術家が集うサロンとして利用された店が多く、ここはその代表的な喫茶店。ホールは広めでゆったり贅沢な時間が過ごせる。

ここから団栗橋に向かって歩くと、細い小路に小さな飲食店が軒を連ねている。歩きながらランチや夕食をとるお店の目星をつけておくのも良い。

東華菜館

東華菜館は四条大橋西詰南側にある北京料理店。建物は1926年竣工、ヴォーリズによる設計。上の階に上がる際は日本最古級のエレベータにも要注目。夏は納涼床と屋上ビアガーデンが実施される。納涼床は座敷ではなくテーブル席。店内での食事なら飛び込みでも入れることが多い。

イカリヤ食堂

イカリヤ食堂は築100年の京町家を改装したビストロ。ここの納涼床もテーブル席。価格の割にボリュームのあるメニューが多く、お店の人に確認しながら少しずつ注文すると良い。週末の夜は混み合うので早い時間に行くか、ランチタイムや平日が狙い目。

団栗橋

橋の上から鴨川・四条大橋・東華菜館・レストラン菊水を一枚の写真に収めることができる撮影スポット。

花見小路通

歌舞練場周辺はいわゆる花街・祇園と呼ばれ、雑誌やテレビでよく撮影されているのはこの通り。運が良ければ芸姑さんや舞妓さんを見かけることも。

長楽館

円山公園内に突如現れる洋館 長楽館は明治42年に実業家が建てた迎賓館。現在はホテル・ウェディング・カフェレストランとして営業。広々としたホールは天井が高く、窓から陽が差し込んでとても居心地がいい。

よしもと祇園花月

八坂神社の道を挟んで向かい側、映画館だった祇園会館がよしもと祇園花月になって6年が経つ。お笑いが好きで大阪に立ち寄る時間がない方はここをチェック。毎日入れ替え制で複数のイベントが催されているので通りがかったときにスケジュールを見てみよう。

おかる

カレーうどんが好きならぜひおかるへ。近隣には他にもうどん屋があるが、私はここにしか行かない。

祇園白川

小川沿いに料亭や料理旅館が並び、京都らしい街並みを楽しむことができる。

四条大橋

ここからは三条大橋に向かって写真を撮ると良い。四条大橋から三条大橋の間は「鴨川等間隔の法則」で有名。

喫茶ソワレ

東郷青児の絵と青い照明で有名な喫茶ソワレは、京都の数ある喫茶店の中で最もミステリアスなお店。カラフルなゼリーが入っているゼリーポンチがフォトジェニックで人気。味は想像よりサッパリしている。テーブルや椅子が昔のままなので、背の高い人には少し窮屈かもしれない。

店の前には高瀬川が流れ、桜並木になっている。桜の季節に2階が空いていたらとてもラッキー。

築地

フランソア喫茶室と同じ昭和9年創業の築地はウインナコーヒーが有名。ケーキも数種類あるが、他にはない味と見た目のムースケーキがお薦め。長時間いる場合は追加オーダーが必要で、ウェイターさんが声をかけてくれる。

写真家のアラーキーさんがここの2階で奥さんの洋子さんを撮ったらしく、友人が興奮気味に写真を撮っていた。

先斗町

先斗町は飲食店が軒を連ねる通りで、写真を撮るにも食事をするにもお薦めの場所。5月から9月まで鴨川に面した店に納涼床が設置され、5月と9月のみランチでも利用可(一部店舗を除く)。ランチは比較的空いていて、予約しなくても入れることがある。

夜、ここで目ぼしいお店が見つからなければ木屋町通に移動すると良い。

MEDIA SHOP

MEDIA SHOPはギャラリー兼ブックストア。面白そうなイベントがあればギャラリーにふらっと立ち寄るも良し、ブックストアでディープなアート本を見て周るのも良し。

六曜社 地下店

六曜社 地下店も多くの芸術家・文化人に愛された老舗の喫茶店。オノ・ヨーコも評判を聞いて訪れたとか。1階も六曜社だが、私は空いていれば必ず地下店を利用する。ここのブレンドが世界で一番好き。固めのドーナツも人気がある。

からふね屋珈琲三条本店

200種類以上のパフェとジャンボパフェで有名な喫茶店。席数が多いので、他が混んでいてもここは入れることが多く、お子様連れでも安心。普通のドリンクやフードも楽しめるが、「からあげパフェ」や「最強エビフライパフェ」などキワモノパフェシリーズというものが存在し、色んな意味でおいしい。グループで挑むのがベター。

ace cafe

ace cafeはエンパイヤビル10階にあり、気軽にパノラマビューが望める界隈では貴重なカフェバー。土日は夕方から貸切になることもあるので注意が必要。広々としたホールと座り心地の良いソファは、歩き疲れた足を休めるのに最適。

ライト商會

かつて骨董屋だったライト商會は現在1階が喫茶&バー、2階がギャラリーになっている。ここでも少し骨董品が買えるようだが、多くは二条店で取り扱っている。

スマート珈琲店

スマート珈琲店は昭和7年創業。11:00〜14:30の間は2階で「THE 洋食」なランチが楽しめる。ここの自家製プリンは絶品。

鳩居堂

お香と和文具のお店 鳩居堂。お礼の手紙に最適な便箋や、何かと便利なポチ袋はここで。

1928ビル

1928ビルは旧 毎日新聞社京都支局。現在はギャラリー・レストラン・フリースペースが入っている。フリースペースで作家の作品が販売されることも。

サラサ麩屋町PAUSA

カフェ サラサは京都市内に複数の店舗があるが、私のお気に入りはさらさ西陣と、ここサラサ麩屋町PAUSA。天気の良い日や、グループで来た際は2階のテラス席がお薦め。夜はメニューが豊富でボリュームも満点。

マリベル 京都本店

ニューヨークのショコラティエ マリベル。ニューヨーク以外で店舗を構えるのは現在のところ京都のみ。

イノダコーヒー本店

「京都の朝はイノダから」でおなじみイノダコーヒーの本店。すぐ近くにイノダコーヒー三条店があり、本店と間違えて入ってしまう人が多いので要注意。店内の作りが違うので、空いていたら本店に入りたい。

ROKKAKU

箔押しペーパーアイテムのお店 ROKKAKU。鳩居堂は伝統的な商品が多いのに対し、ROKKAKUはモダンなアイテムが揃う。

Duce mix ビルヂング

4階にあるDuce mix gallery+shopはギャラリー兼ショップ。作家オリジナルの雑貨や小物が並ぶ。地下1階の70B ANTIQUESは西日本最大級のアンティークショップで、お値打ちな品が見つかりやすい。

COM

COMは質が高く状態の良い家具を多く扱うアンティークショップ。お値段もそれなりにするが、こだわり派にはお薦め。食器や小物類はお手頃なものが見つかることも。

京都文化博物館

京都文化博物館は銀行だった建物を増床して造られた博物館。展示室やフィルムシアターの他に、雑貨店と食事処も入っている。私はよく楽紙館で和紙を購入している。また、ここの前田珈琲 文博店は金庫室だったスペースにあり、他にはない空間でコーヒーを楽しめる。

オ・グルニエ・ドール

京都で最も有名なパティスリー、オ・グルニエ・ドール。空いていれば店内で1番人気の「ピラミッド」をいただきたいところ。時間がなければエクレアなど、持ち歩きやすい商品を買って行くのも良い。

錦市場

テイクアウトできる店が多く、食べ歩きに持って来いの場所。様々な食品が販売されているので、お土産にも。

御多福珈琲

御多福珈琲は老舗に見えるが2004年にオープンした喫茶店。よく常連さん同士がカウンターで談笑している。ルパンみたいなイカすマスターが手際よくコーヒーを点ててくれ、それを見ているのも楽しい。

花遊小路

よーじや 本店がある花遊小路。ここから四条通に抜けるのに靴屋の中を通るという町の構造がとても面白い。他に薬局、楽器屋、和菓子屋、カフェレストランなどが軒を連ねている。

番外編:意外とはしゃぐ大人が多い東映太秦映画村

遠方から移住してきた友だちや観光に来た友だちに常に人気がある映画村。なぜかみんな忍者に仮装して写真を撮っている。その表情たるや本当に楽しそう。

私は子供のころ、母親が仕事で撮影所に出入りしていたときに付いて行ったことが何度かある。ふだん撮影所として使われているから街並みが本格的で、一般的なアミューズメント施設とは異なり風情が凄い。いや風情しかない。

今は集客のため色んなイベントが催されているから変わったところもあるんだろうけど、歩いていれば頭のなかで必殺のテーマ曲が流れること必至。

もし市内の観光はしたことがあって1ヶ所で長時間遊んでも良いなら、映画村はオススメ。近隣の商店街もなかなか味がある。

多くの名優たちが訪れた喫茶ロサ・バリエ

お腹が空いたら、撮影所の中で食べるよりも喫茶ロサ・バリエに行きたい。撮影所から歩いてすぐの場所にあるので、撮影所に入る前か後に行くと良い。私はカレーライスしか食べたことがないが、一番人気はオムカレーらしい。子供にはちょっと辛いかも。

関連記事

これから京都にお越しになる方の参考になれば幸い。


7_nana
OTHER SNAPS