LOG IN

京都、花を追いかけた春

by 7_nana
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINE it!

Mastodonフィーバーで時間を溶かしたので京都のあちこちに見に行った花のことをまとめて書いておく。

雨宝院の桜

4月23日、晴れ。前々回の記事に書いた通り、閉門時間に間に合わなかった雨宝院へリベンジ。

開いてます。開いてますよ。

雨宝院は別名「西陣聖天宮」と呼ばれ、狭い境内に桜の珍種が密集する、知る人ぞ知る桜の名所。

横へ、横へと広がる松の木と枝垂れ桜の枝が、天を覆う。

雨のように上から降り注ぐ桜の花。ここは遅咲きの桜が多く、4月中旬〜下旬に見頃を迎える。

周辺住民の方々によって手入れされているそう。住宅街に突如現れる、桜の楽園だった。

長岡天満宮の霧島ツツジ

4月28日、晴れ。ツツジが見頃を迎えたので、長岡天満宮までウォーキング。

子供の頃から見ているが、赤一色に染まるこの景色は何度見ても飽きない。

錦水亭の藤棚

長岡天満宮の敷地内にある料亭 錦水亭。ここの店先に藤棚があるのでついでに見に行った。

満開にはまだ早かったが、どの花も瑞々しく綺麗だった。写真右側に映っている入り口を入ると厨房になっていて、慌ただしく夜の仕込みの作業が行われていた。

錦水亭を利用したことは無いが、この店先の風景がとても好きだ。

平等院の藤棚

5月2日、晴れ。もう1ヶ所、藤の名所が見てみたくなって、初めて平等院の藤棚を見に行った。

息を呑むほど美しい光景だった。

平等院の藤棚は、真下に人が入れないようになっている。藤の合間から陽が差し込んで、藤の花と草を輝かせていた。

正門の前にも藤棚があり、半分は白藤だった。

参道に面した店先には藤の植木鉢が置かれていて、いつか私も欲しいなと思った。

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINE it!

7_nana
OTHER SNAPS