LOG IN

2017年に行ったライブまとめ - 下半期編

by 7_nana

前置きと上半期編はこちら。引き続き、2017年の下半期に行ったライブについてまとめる。

index

  1. Dragonash Live Tour 2017 MAJESTIC
  2. HEY-SMITH Presents OSAKA HAZIKETEMAZARE FESTIVAL - 2017
  3. BUCK-TICK THE DAY IN QUESTION 2017
  4. FM802 ROCK FESTIVAL RADIO CRAZY

Dragonash Live Tour 2017 MAJESTIC

7月20日はKBSホールで行われたDragon Ashのワンマンライブへ。今年デビュー20周年らしい(早っ。フェスでは何度も観ていたけれど、ワンマンは初。木曜日だったこともあり、前の方に行っても足元に程良いスペースがあって、ちょっと「ラッキー」なんて思ってしまった。

今年リリースされた曲の中でも「Mix it Up」「Headbang」はライブで盛り上がることが容易に想像できる曲で、「The Live」と合わせて聴くことができて嬉しかった。「百合の咲く場所で」からの「Fantasista」は鉄板の流れだけど毎回これでもかというほど盛り上がる。

広いフェスの会場でしか観たことがなかったDAを、私にとっては「どローカル」なKBSホールで観られてとても新鮮だった。またここで観られる機会があると良いな。

ぜひ観て欲しい関連動画

HEY-SMITH Presents OSAKA HAZIKETEMAZARE FESTIVAL - 2017

9月10日はHEY-SMITH主催の夏フェス「HAZIKETEMAZARE2017」に初めて行ってきた。今年は京都大作戦MAN WITH A MISSIONのツアーも抽選に外れ、ハジマザが今年唯一の夏フェスであり、久しぶりのマンウィズライブとなった。

泉大津フェニックスで開催される夏フェスは同じ設備を使ってると思うんだけど、バス停から会場までの距離はあれど会場内に入れば各ステージとフードエリアが近距離にあり、気軽に移動できて好きだ。

また、ハジマザは出演者の被りがなかったので各ステージ存分に楽しむことができた。中でもROTTENGRAFFTYSiMは踊れて叫べる曲が多いから、会場の一体感が半端じゃなかった。帰りの時間の関係で、本イベントの主催者ヘイスミのライブが観られなかったのが心残り。

マンウィズの新曲「Dog Days」は疾走感のあるノリの良いロックナンバーで、そのままクラブでかかっていてもおかしくないと思う。夏空の下、初めて生で聴くことができて嬉しかった。

ぜひ観て欲しい関連動画

BUCK-TICK THE DAY IN QUESTION 2017

12月2日は初めてBUCK-TICKのライブに行った。思い立ったときには既に京都公演のチケットが売り切れていたので、大阪公演2DAYSの初日のチケットを取った。オリックス劇場の3階席だったけど充分に楽しめる演出だったし、とても刺激的でワクワクした。ショーアップされているんだけど形式張っている印象はなく、ライブバンドなんだなと思った。

ライブに行きたいと思ったきっかけはMTV VMAJでのパフォーマンス。デビュー30周年を迎えてなお変わらぬ…いや更に格好良くなっていてライブ欲を掻き立てられた。何曲か好きな曲はあったものの、ライブに行ったことも、アルバムを手に入れたことさえ無かった。なんで。SCHAFTのアルバムは買ったのに。一体いままで何をしていたの、私。

この日までにiTunesで視聴して気になった曲を片っ端から購入したんだけど、意外と踊れるロックが多くて、やっぱり何してたんだろ私ってなった。新曲の「BABEL」もムチャクチャ格好いい。ズムズム響く演奏と低音ボイスがたまらんです。アバンギャルドって言葉がピッタリなバンドだと思う。

今井さん登場するなり客席をスマホで撮ってて笑ってしまったんだけど、全公演の客席の様子をブログに掲載していることを後で知った。良いなぁ、こういうの。ぜったい嬉しいよね。

ぜひ観て欲しい関連動画

FM802 ROCK FESTIVAL RADIO CRAZY

12月28日は毎年インテックス大阪で開催されるFM802主催のロック大忘年会「RADIOCRAZY」に行ってきた。ここ数年、同イベントのチケットが入手困難な状況になっていたけど、行くことができて本当に良かった。電子チケットになったからかな。転売屋は滅びてどうぞ。

最終でB'zの出演が発表されたので、B'zファンの女の子と一緒に行った。稲葉さんの喉の調子が悪く、一度中断し5曲で終了となった。それでも中断後3曲もやってくれたことにプロ根性を見たし、体中から振り絞るシャウトは圧巻だった。尚更、本調子のライブを観たいと思わせてくれた。近いうちに必ず行く。

エレファントカシマシも観たいと思ってたんだけど、諸事情あって屋外の大型ビジョンで後半の数曲を観ることにした。宮本さんの歌声はとても力強く、外でも際立って聴こえてくる。縦横無尽にステージ上を駆け巡る姿が恐ろしくパワフルで、ずっと観てられる人だなと思った。紅白楽しみですね。

今年は京都大作戦に行けなかったこともあり、10-FEETは見ておきたかった。開始時間を少しすぎて会場に入ったが、入り口まで人でギュウギュウ詰め。1曲目「super stomper」でマンウィズのタナパイ登場。「お前らペース配分間違えてる」とTAKUMAが笑うくらい、最初から最後まで大盛り上がりだった。

https://www.instagram.com/p/BdQFthenXwm/

続いて東京スカパラダイスオーケストラ。揃いのスーツでビシっとキマったメンバーの皆さん、色気の塊でした。今回はfeat.斎藤宏介(UNISON SQUARE GARDEN)ということで最初からゲストボーカルが分かってたけど、その前に10-FEETが登場。MCでは谷中さんのTAKUMA好きっぷりがもの凄く伝わってきて、ニヤニヤしてしまった。

今年のライブ納めは絶対マンウィズ!と思っていたので早めに会場に入ると、すぐに入場制限がかかった。セーーーフ。なんとか前方エリアで観ることができた。初めて聴いた時に泣いてしまった「フォーカスライト」は(多分)フェスで聴いたことがなかったので不意打ち。ジャンケンちゃんが曲名を言った時に思わず声が出てしまった。ラスト「database」ではやっぱりTAKUMAが登場。みんなTAKUMA好きすぎる。

ぜひ観て欲しい関連動画

そんなわけで

今年は例年よりもライブに行った数は少ないけれど、厳選した分、とても濃いステージが見られたと思う。振り返ればジャズ方面のライブとか、クラブイベントに行ってなかった。2018年のライブ目標(なんだそれ)は「ジャンルレス」にしよかな。


7_nana
OTHER SNAPS